やんばる国立公園~辺戸岬沖縄最北端をめぐるドライブ

ター滝 旅行
スポンサーリンク

この記事では、やんばる国立公園~辺戸岬沖縄最北端をめぐるドライブコースを紹介します。

やんばるは遊ぶところがいっぱいあるんですよ。最北端まで行くと辺戸岬があり、辺戸岬の周辺には国立公園の大石林山あり、東村ではマングローブの慶佐次川があります。

沖縄北部東村でパイナップルにしゃぶりつくドライブの旅
沖縄北部東村でパイナップルとマングローブの森を堪能するドライブコースを紹介します。東村は、パイナップルとマングローブの村です。マングローブの森をカヤックで水上をのんびり楽しみ、パイナップルを食べて1日遊ぼう!
  1. 沖縄中部ドライブ~海中道路から浜比嘉、伊計島~穴場の絶景!
  2. 【絶対内緒!】沖縄屈指の美ら海から古宇利島、癒しの備瀬ドライブ
  3. 沖縄南部ドライブは忘れられない旅になる~ひめゆりから斎場御嶽(せーふぁーうたき)
  4. 観覧車があるアメリカンビレッジにワイスピ野郎集結!
  5. 沖縄北部東村でパイナップルにしゃぶりつくドライブの旅
  6. やんばる国立公園~辺戸岬沖縄最北端をめぐるドライブ ←今回はここ
  7. 世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」9ヶ所をめぐるドライブ

ここで僕の自己紹介をしておきます。

僕は、1年以上沖縄に住んでいました。マンスリーマンションに1年以上、3回引っ越しを経験。この期間、車を月契約でレンタルしていました。毎月乗り換えって感じでした。毎月1,200km程度走行、ドライブに明け暮れていました。

そんな経験に基づいた独自モデルドライブコースです。

スポンサーリンク

やんばる辺戸岬沖縄最北端をめぐるドライブ

やんばる辺戸岬沖縄最北端をめぐるドライブ

那覇からスタートすると沖縄自動車道で許田ICまで行きます。そのまま国道58号線を北上すると辺戸岬(へどみさき)に到着します。道はほぼ一本道なので簡単です。

那覇から約120km、所要時間は、2時間30分程度かかります。

結構遠いですが、許田ICと国道58号線の名護市を過ぎたところに道の駅があります。「道の駅 ゆいゆい国頭(くにがみ)」があるので、こまめに休憩しましょう。

道の駅 ゆいゆい国頭
沖縄最北端の道の駅 ゆいゆい国頭のホームページです。施設内の各店舗や国頭村の特産品の紹介などを行なっています。敷地内にふるさと市(農家直売所)を常設し国頭産新鮮野菜を即売しています。村内の農家会員が栽培したものを持ち寄る直売所で安心・低価格が最大の売りです。季節の野菜・果物の他、卵など種類を豊富に取り揃えております!店...

「道の駅 ゆいゆい国頭」の隣に「ファミリーマート 奥間(おくま)ビーチ前店」があり、沖縄最北端のコンビニになります。これ以北はコンビニがありませんので、必ず休憩しましょう。

沖縄最北端 辺戸岬

沖縄最北端 辺戸岬

カーナビ目的地設定:「へどみさき」

沖縄は、ビーチも多いですが、岬や崖も多いです。「残波岬」「万座毛」「果報バンタ」などが有名です。

岬や崖は、人間が海に近寄ることができません。崖の上から海を眺める感じになります。人間が海に入れないので、海がとてもきれいです。この写真も崖の上から撮っているのに底面がみえています。

最北端で四方さえぎるものがないので、風が強いです。帽子などは飛ばされないように気を付けてくださいね。

国立公園 大石林山(だいせきりんざん)

カーナビ目的地設定:「だいせきりんざん」「やんばるこくりつこうえん」

名前の通り、岩と林なんですが、見どころ満載。色々な形の岩があって動物の形をしていたり、人のしぐさだったり、パワーストーンもあります。

えーと、一つずつ写真を撮ったのですが、振り返ってみると、なんの形をしているのかわからない・・・

林の方は、ガジュマルです。ガジュマルは、枝がたれさがり地面まで達して根っこのように養分を吸い上げます。こんなにたくさんのガジュマルがあるのは、日本ではここだけです。写真映えもする観光スポットです。

全長で2km程度歩きます。勾配もあり岩場なのでスニーカーなど歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

やんばる国立公園 大石林山
沖縄本島北部エリアは、「ヤンバル(山原)」と呼ばれる豊かな自然あふれる癒しの里。 そのヤンバルで、昔から聖なる地として伝えられてきた安須杜(アシムイ)の山々は、辺戸岬から眺める険しい姿とは違って、一歩踏み入ると、そこは亜熱帯の自然と触れ合う楽園。奇岩や巨石、亜熱帯の森、大パノラマなど、さまざまな表情を見せる大石林山の...

ター滝

ター滝

カーナビ目的地設定:「たーたき」

ター滝は、辺戸岬からかなり南に下ったところにあります。山奥ですので、下に地図を載せておきます。

ガイドブックにはあまり載ってないです。

ター滝は、もうそこは別世界です。リアル南国を味わえる癒しのポイント。ぼくの中では、沖縄ベスト3にはいるくらいのスポットです。

沖縄は、そこまで高い山がないので滝は少ないです。まさかこんなスポットがあるとは、思いもしませんでした。

2、3日の観光旅行では、行けないかもしれないですが、一週間以上時間がある人は、ぜひ行ってみてください。感動しますよ。

ただ、行くのが大変です。駐車場に車を止めて、歩き出すのですが、道がない。目の前は川しかないのです。川の中をずんずん歩いていくのです。

サンダルと半ズボン必須です。スニーカーと長ズボンではいけません!

ぼくは、クロックスで行ったのですが、途中で滑って顔面打って、おでこにたんこぶができました。

ター滝

子どもですと腰のあたりまで、水に入っています。これをひたすら歩いていきます。人は結構歩いていますので、川の中を歩いていて不安ですが、道に迷うことはないです。

まとめ

この記事では、やんばる辺戸岬(へどみさき)沖縄最北端をめぐるドライブコースを紹介しました。

やんばる地域は車がないといけません。那覇からですと100km以上のドライブになるので遠いです。

しかし、行きにくいからこそ、広大な自然が残っているのです。沖縄に行ってやんばるに行かないのは、もったいないです。

ター滝は、熱帯雨林の日本ではない雰囲気を味わえます。体力がある方は、ぜひ行ってみてください。

・沖縄最北端 辺戸岬
・国立公園 大石林山(だいせきりんざん)
・ター滝
この記事は1日でまわれるように紹介していますが、ぼくは、3回にわけて一か所ずつ行ってます。最初は位置関係もター滝の存在も知りませんでしたので、ドライブしているうちに発見したので、記事ではドライブコースとして紹介しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました