沖縄でレンタカー、初心者の不安を解消します!

初心者のあなたでもスイスイ!沖縄レンタカーの旅 旅行
スポンサーリンク

この記事で、初心者のあなたが沖縄でレンタカーを運転する不安を解消します。

ふだん初心者マークのあなたが、沖縄旅行では移動手段がないので、レンタカーを借りる場合は不安ですよね?

初心者ドライバーが沖縄旅行でレンタカーを借りる前までに知っておきたいことを紹介します。

スポンサーリンク

沖縄でレンタカー、初心者の不安を解消します

初心者のあなたが、沖縄でレンタカーで運転できるように不安を解消します。

僕は沖縄本島で、約1年レンタカーを借りて生活していました。ほぼリースのような状態でした。経験談として、沖縄での運転に注意することを紹介します。

レンタカーをさがそう!

レンタカーってどうやって借りればいいの?場所は?レンタカー会社は?あと、自動車保険についても気になるわ

宿泊先別にどこで借りればいいのか、おすすめのレンタカー会社、自動車保険についても説明していくね

どこで借りるのが便利?

那覇空港
・那覇が宿泊先の場合
・恩納村が宿泊先の場合

沖縄でホテルが密集しているのは、この2か所なので、おのおのについてどういうふうに車を借りたらいいか考えてみますね。

那覇が宿泊先の場合

那覇空港周辺のレンタカー会社が絶対におすすめ。

那覇空港周辺であれば、飛行機を降りて那覇空港から無料送迎バスがあるので、そのままレンタカー会社へ、那覇に到着してすぐからレンタカーを利用できるので非常に便利です。

先にホテルにチェックインしてしまうと、レンタカー会社まで移動できますか?那覇には電車も走っていません。レンタカーを借りに行くのにタクシーを使いますか?レンタカー会社へ行くのは大変です。

那覇空港周辺のレンタカー会社が絶対におすすめです。

恩納村が宿泊先の場合

恩納村が宿泊先の場合は、2つパターンが考えられるね。

1.恩納村でレンタカーを借りる場合

恩納村のホテルまでは、那覇空港から無料送迎バスが利用できます。ホテル到着後、ホテル周辺のレンタカーを借りる。

2.那覇空港でレンタカーを借りる場合

那覇空港周辺でレンタカーを使用した場合は、那覇空港周辺から恩納村までは自分で運転が必要です。

那覇空港から恩納村までは、沖縄自動車道(有料道路)を使用して50分程度。沖縄自動車道を利用しないで国道58号線を使用した場合は、1時間程度かかります。

帰りを考えると、那覇空港周辺までレンタカーで帰ってこれるので時間の有効利用と荷物の移動が楽なことがあります。

スーツケースをレンタカーのトランクに積んでいれば、最終日に遊びに行っても楽ですよね。

僕だったら、那覇空港周辺でレンタカーを利用して、那覇到着から出発直前まで、レンタカーを有効活用します。

おすすめレンタカー会社

沖縄レンタカー

沖縄にはたくさんのレンタカー会社があります。初心者の方でも簡単にレンタルできますので安心してください。

初心者マークが取れてない方でも予約できますよ。しかし、慣れてない車、慣れてない土地での運転ですから気を付けてくださいね。

自分が良く利用していたレンタカーも含めて、おすすめのレンタカー会社を紹介します。

格安レンタカー会社

スカイレンタカーとレインボーレンタカーは、格安レンタカーです。

大手のレンタカー会社に比べると安いです。保有台数が少ないので、ピークの時期は、満車になるのが早いです。早めの予約が必要です。僕も良くこのどちらかで車を借りてました。

スカイレンタカーのほうが受付などもスムーズ、車種も新しいものをそろえているので、おすすめですよ。

大手レンタカー会社

ニッポンレンタカーとオリックスは、大手ですので安心感有りますね。

初心者のあなたは、ドライブ中にトラブルが発生したときに困りますよね?その時に気軽にサポートしてくれるニッポンレンタカー、オリックスレンタカーはおすすめです。

沖縄地元レンタカー会社

OTSレンタカーは、沖縄ツーリスト株式会社という会社で、沖縄で幅広くレンタカーを展開している会社です。初心者マークも貸してくれて、観光客にやさしいレンタカー会社です。沖縄では、強い会社ですね。

沖縄では、OTSレンタカーがたくさん走っています。信頼性は抜群ですね。

楽天トラベル

楽天トラベルのような旅行予約サイトでもレンタカーの予約ができます。あなたが良く利用する旅行予約サイトで確認してみてください。

ホテルの予約などと一緒なので、使い慣れた旅行予約サイトのほうが予約はしやすいかもしれないですね。

ただし、ピーク時期は、レンタカー会社で直接予約した方が、安いし、予約は取りやすくなります。

どんな車を借りればいいの?

初心者のあなたには、コンパクトカーがおすすめ。

車体も小さいし、レンタカー会社で市場保有している車種が多いのもコンパクトカーです。レンタル料金も安くてコスパがいいです。

コンパクトカーといっても、成人男性だったら4人までだったら、十分利用可能です。

忘れちゃいけないレンタカー保険

レンタカーの保険

自動車の保険というは、修理が発生したときに5万円くらい以下の軽微な修理の場合は、免責といって自己負担になります。5万円くらい以上の修理が発生した場合も5万円くらいは、自己負担でそれ以上の額は、保険で支払われます。

免責の支払いありますが、どのレンタカーも基本の保険は入っていますから、事故を起こしても数十万円とかの請求は発生しないです。

レンタカーの保険は、以下の2つがあります。
・免責保証制度
・レンタカー安心(NOC)プラン

免責保証制度

免責保証制度は、免責が免除になりますので、些細な事故でも利用しているあなたには、支払いが発生しません。運転に自信があっても最低限免責保証には加入した方が良いです。

レンタカー安心(NOC)プラン

レンタカーで事故を起こしてしまうと、事故を起こした車の修理や清掃を行わなければならないので、しばらくの間その車を貸すことができません。

本来、他の人に貸せたはずなので、その金額を利用者のあなたが負担しなくてはなりません。2万円とか5万円くらいとか請求されます。

それが免除されるのが、NOC(ノンオペレーションチャージ)です。

運転に自信がないあなたは、NOCに加入しておくことをおすすめします。

NOCは予約時ではなく、車を借りる当日でも加入できるので、窓口で保険に加入すると伝えれば、簡単に加入できます。数千円程度で加入できますので、加入しましょう。

沖縄の交通事情

沖縄の交通事情は、他県違ってちょっと変わっています。注意しないといけないところがあるから簡単に紹介しておきます。

那覇渋滞

沖縄はスピードが遅い

沖縄は通行している車のスピードが遅いです。初心者のあなたにも安心ですね。スピードが遅いのに慣れているので、あおってくる人もいないです。県外ドライバーのレンタカーだけが異様に速いです。

お年寄りが多く、あなたと同じようにレンタカーが多いのでスピードが遅いのです。県内の人は、スピードが遅いのに慣れているので、結果的にみんな走行スピードが遅くなります。

車をよく運転する人は、イライラするかもしれませんが、沖縄時間だと思って運転すれば、心地よい沖縄旅行になりますよ。

時間によって車線が変わる

那覇市内で運転するときに一番難しいのがこれです。時間帯によって車線が変わるのです。

・全3車線の道
・国際通り
・バス優先レーン

全3車線の道

安里駅から首里城へ向かう道がそうです。全3車線なのですが、時間帯によって、上り2車線下り1車線。上り1車線、下り2車線に変わります。

真ん中のレーンが時間帯によって変わるので、なるべく左側の車線を通るようにしましょう。間違って真ん中の車線を通ると正面衝突してしまいます。

国際通り

時間帯によって一方通行になります。時間を把握していないと国際通りを車で走るのは難しいです。国際通りは歩行者、車が多く渋滞が発生するので、なるべく車で通行しないようにしましょう。

バス優先レーン

那覇市内の国道58号線は、時間帯によって左側の車線が、バス優先レーンになります。なるべく中央寄りの車線を走りましょう。

一番左が誰もいないからといって走っていると警察に捕まりますよ。取り締まりも厳しいのですよ。

朝と夕方ですので、特にその時間は注意しましょう。渋滞が激しいのになんで左側だけ誰も走ってないのだろう?と思ったらバス優先時間だと思ってください。

結構渋滞が多い

那覇市の夕方は、渋滞が多いです。18:00ころから20:00ころまでは渋滞です。

国際通りの規制やバス優先レーンがあるので混みます。雨の日はもっと混みます。

週末の国道58号線も夕方、那覇に近づいてくると渋滞が発生します。沖縄では、そんなに渋滞はないだろうと思っているかもしれないですが、渋滞があることは頭に入れておいた方が良いです。

とくに週末夜の便で帰る場合は、那覇空港まで行くのに時間がかかりますから注意してくださいね。

沖縄自動車道(有料道路)

沖縄自動車道

高速道路です。那覇市から名護市の許田(きょだ)というところまで走っています。

那覇市に宿泊していて美ら海水族館へ行くときに利用します。恩納村に宿泊の場合は、沖縄自動車道を使わないで国道58号線で美ら海水族館へ行った方が便利でしょう。

朝、大勢の観光客が、美ら海水族館へ向かいます。これにより許田ICの出口で渋滞が発生します。

レンタカーの多くは、一般で現金払いをしますので、一般のレーンで渋滞が発生します。ETCカードを持っている方は、ETCカードを持っていた方が良いです。

ETCカードは、レンタカーでも挿入するだけで使用できます。ETCレーンは、すいていますので渋滞に巻き込まれることなく料金所を通過できます。

カーナビ

沖縄では、カーナビの設定が難しいです。なぜ難しいかというと漢字が読めないからです。漢字が読めないと目的地の設定も出来ませんよね。

カーナビで設定しそうな地名をリストにしておきます。参考にしてみてください。

美ら海(ちゅらうみ)、南風原(はえばる)、北谷(ちゃたん)、嘉手納(かでな)、豊見城(とみぐすく)、北中城(きたなかぐすく)、読谷村(よみたんそん)、恩納村(おんなそん)、宜野湾(ぎのわん)、宜野座(ぎのざ)、辺戸岬(へどみさき)、山原(やんばる)、本部町(もとぶちょう)、名護市(なごし)、浦添市(うらそえし)

まとめ

初心者のあなたが沖縄でレンタカーを運転する不安を解消します。

まずは、レンタカーを予約しよう。沖縄旅行はそこから始まります。

僕のおすすめは、スカイレンタカーとニッポンレンタカーです。まずはWEBで空車確認してみましょう。

慣れない車、慣れない土地での運転ですから気を付けてくださいね。

沖縄旅行は抜群に楽しいです!沖縄旅行を満喫してくださいね!!

次の記事は>>【沖縄天気】気になる梅雨、台風を過去データから徹底調査

コメント

タイトルとURLをコピーしました