車の流れが遅い!レンタカーや初心者が沖縄で運転を難しく感じる理由とは?

沖縄は車の流れが遅い!レンタカーや初心者の人が沖縄で運転するには注意が必要!旅行
スポンサーリンク

沖縄では車の流れが緩やかです。内地の方々は車のスピードが速いため、運転を難しく感じます。

沖縄では車の流れが緩やかなので、ペーパードライバーの方々も運転できると考えるかもしれませんが、注意が必要です。

では、なぜ沖縄では車の流れが遅いのでしょうか?

その理由は、高齢者や初心者ドライバーが多いからです。

沖縄には電車がないため、高齢の方々も車を運転します。また、若い人たちも18歳の誕生日を迎えると免許を取得します。

車線変更や「止まれ」などの判断が遅いドライバーが多いのです。

ペーパードライバーの方々で沖縄旅行に行く際、運転を検討している方は、那覇市内での運転は避けたほうが良いです。

一方、那覇市街では車の数も減ってくるため、運転しやすくなりますよ。

スポンサーリンク

なぜ、沖縄は車の流れが遅いのか

高齢の方や初心者、道に慣れていないレンタカーや他の要素が組み合わさっているため、沖縄では車の流れが遅くなっています。

沖縄には電車がないので、年配の方々も車を運転し、18歳になると免許を取得します。

沖縄を観光するレンタカーの運転手は、どちらに進むべきか迷ったり、周りを見回してウロウロしてしまうことがあります。そのため、スピードが遅くなります。

車線変更や合流の判断が遅いため、車がどんどん詰まっていきます。

結果として、車社会全体のスピードが遅くなっています。

市街地では、約30〜40km/hのスピードで車が流れています。

しかし、60km/hのスピードで走ると、あたかも暴走車のように扱われてしまいます。

普段車を運転していて沖縄でレンタカーを利用する人は、イライラするかもしれませんが、ゆっくり走行しましょう。特に注意が必要です。

沖縄での車の運転は難しい

沖縄での車の運転は難しい

那覇市内は一方通行が多く、日本では珍しく時間帯によって車線が変更されることもあります。このような沖縄の道は、初めての人にとっては運転が難しいです。

沖縄を観光する際には、できれば恩納村などで車を借りることをおすすめします。

もし那覇空港で車を借りる場合は、国道58号線をすぐに北上し、ホテルに直行するのが良いです。

初めての沖縄での運転では、少し慣れてから那覇市内を運転するようにしましょう。

私自身、おばあちゃんが運転する車が脇道からゆっくりと出てきて、ほぼ衝突しそうになったことがあります。

おばあちゃんは前方だけを見ており、左右の車に気を配らずに脇道から直進してきます。

沖縄の運転マナーは?

沖縄のドライバーは、運転マナーがとても良いです。

道を譲ってくれるし、車のスピードが遅いため、車線変更でも寛容に対応してくれます。

しかし、バイクの運転マナーは悪いです。

言ってしまえば、沖縄ではバイクの運転マナーはいつもそうなのかもしれませんが、バイクが車を追い越す際に反対車線に飛び出してきます。

車を運転している人にとっては、正面衝突するのではないかと心配になるほど怖いです。

まとめ

沖縄では車の流れがゆっくりなので、レンタカーで内地と同じ感覚で運転すると、暴走車と間違われる可能性があるので、注意しましょう。

沖縄を観光する際には、ペーパードライバーの方がレンタカーを借りる場合、那覇市内は道が狭く、車がたくさん走っているため、車線変更が難しい場合があります。そのため、那覇市内では運転を控えるようにしましょう。

レンタカーを借りる前に、次の記事も読んでね。

次の記事>>沖縄旅行で格安レンタカーを借りるなら那覇空港がおすすめ!到着から帰りまで時間を無駄なく使えてお得です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました