沖縄中部ドライブ~海中道路から浜比嘉、伊計島~穴場の絶景!

旅行
スポンサーリンク

この記事では、海中道路から浜比嘉、伊計島へ沖縄中部ドライブコースを紹介します。

今度、沖縄旅行に行くんだけど、絶景が見えるドライブコースを教えてよ?

沖縄本島は地域で見るところが、たくさんあるから地域別に紹介するね

沖縄本島は、大きくわけると南部、中部、北部になってるのね。那覇は南部、恩納村は中部っていう位置関係です。

これをすべて回ろうと思ったら一週間くらいはかかります。

ぼくがおすすめするドライブモデルコールは7つですね。

  1. 穴場絶景あり!海中道路から浜比嘉、伊計島へ沖縄中部ドライブ
  2. 【絶対内緒!】沖縄屈指の美ら海から古宇利島、癒しの備瀬ドライブ
  3. 沖縄南部ドライブは忘れられない旅になる~ひめゆりから斎場御嶽(せーふぁーうたき)
  4. 観覧車があるアメリカンビレッジにワイスピ野郎集結!
  5. 沖縄北部東村でパイナップルにしゃぶりつくドライブの旅
  6. やんばる国立公園~辺戸岬沖縄最北端をめぐるドライブ
  7. 世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」9ヶ所をめぐるドライブ

沖縄は、小さい島に感じるけど結構、見どころ満載なんです。

2泊3日目いっぱい車を走らせてもだと北部の方には回れないよ。

この記事では、海中道路、浜比嘉島、伊計島ドライブコースを紹介します。

記事に掲載している写真は、僕がスマホで撮影しています。素人がスマホで撮ってもこんなきれいな写真が撮れます、ぜひ自分の目で沖縄を楽しんでくださいね、

スポンサーリンク

穴場絶景あり!海中道路から浜比嘉、伊計島へ沖縄中部ドライブ

沖縄本島中部ドライブ

わかりやすいように那覇からスタートで紹介しますね。

那覇の旭橋の駅を過ぎたら右折して国道329号線を与那原(よなばる)に向かいます。

与那原の交差点は、大きな交差点だから渋滞するかもです。与那原の交差点を左折するように国道329号線を走ります。

次に目指すのは、県道227号線の沖縄県総合運動公園です。イオン具志川店の横を通っていきます。あとは道なりに行けば、海中道路はわかりますよ。

那覇県庁から車で1時間半くらいかかります。

海中道路

海中道路

カーナビ目的地設定:「へんざじま」

海中道路といっても海の中を走わけじゃないよ。本島と平安座島を結ぶ橋ね。

満潮のときににいくと、海の上を走っているような錯覚をおこすよ。

海の中というよりも海の上を走るって感じの道路だよ

海の駅あやはし館

海の駅あやはし館

海中道路の真ん中あたりに、道の駅ならぬ海の駅があるのよ。

ここで休憩を取るといいよ。那覇を8時30分ころに出てくれば、10時ころに海の駅に着く感じだよ。

サーターアンダーギー、てんぷら、グルクンのから揚げ、おっぱ牧場ソフトクリームなどファストフードがたくさんあります。

ソフトクリーム写真を撮るときは気を付けてね、撮影中に溶け始めちゃうからね。

海にも降りれるので、海に行くのもいいですよ。

ウインドサーフィンやってる人が多いです。

浜比嘉島

浜比嘉島

カーナビ目的地設定:「はまひがじま」

次は、海中道路を渡って平安座島に入ったらすぐに右折。浜比嘉島に行きます。

浜比嘉島は、県内屈指のパワースポットでアマミチューの墓っていうところがあるのでちらっと見てね。

県内屈指のパワースポットといっても沖縄はパワースポットだらけなので、斎場御嶽(せーふぁーうたき)など南部にたくさんパワースポットはありますよ。

古民家食堂てぃーらぶい

お昼は、古民家食堂てぃーらぶいで沖縄料理を満喫!
浜比嘉島の中にある、おすすめの食堂ですよ。時間があれば、絶対に行った方が良い古民家食堂です。

古民家だから自宅で食事をしているようなホッとする雰囲気でゆっくり食事を楽しめる。足を伸ばせてドライブの疲れも癒されます。

中身汁膳というのメニューにあるのですが、中身汁ってなに?豚もつの吸いもので、沖縄ではお祝いごとやお正月、お盆などで親戚一同が集まった時によく食べるそうです。お祝い事の時に食べる椀ですね。

建物も料理も沖縄を満喫できるよ。

古民家食堂てぃーらぶい 沖縄県うるま市勝連浜56

穴場絶景!沖縄の海塩「ぬちまーす」

果報バンタ

カーナビ目的地設定:「ぬちまーす」

ここは、教えたくない絶景ポイントだけど、あなただけに教えちゃいます。

宮城島にある沖縄の海塩「ぬちまーす」という、塩を作る工場があるのですが、工場の反対側に果報(かふう)バンタという崖(沖縄方言でバンタ)があるんですよ。

ここの景色はメラルドグリーンの海と岬が最高!

崖の上から見てるのに、海中が見えるんだよ。すんごいきれい!人も少ないから穴場!

崖の下にビーチもあるんだけど、誰もいないからすごく水がきれい。

崖の下まで降りようと車で色々回ったけど、結局行けなかった。背丈ほどの草むらの中、車で走っていっても行き止まりでUターンも出来ずにバックで戻ってきました・・・

さかなと泳げる伊計島

伊計ビーチ

カーナビ目的地設定:「いけいびーち」

宮城島からさらに先に行くと伊計島があります。

伊計ビーチは、僕がおすすめする沖縄本島から車で行けるベスト1位のビーチです。

ビーチは有料だけど、そのぶんきれいに保たれていて、海も最高。シュノーケルなど無しで、さかなと一緒に泳げるビーチですよ。

ガイドブックやランキングサイトであまり紹介されていないから穴場だよ。

なぜ紹介されてないのか?

那覇から少し遠いし、周りに観光スポットも少ないから、ホントに海を楽しむっていう人にしか向かないのね。

エメラルドビーチなら美ら海水族館の近くだったり、サンセットビーチならアメリカンビレッジがあったりなど及び終わった後にも遊べるってセット感があるけど、伊計ビーチはビーチしかないの。

きれいな海で一日泳ぎたいという人には、伊計ビーチはおすすめですよ。

まとめ

この記事では、海中道路、浜比嘉島、伊計島ドライブコースを紹介しました。

はじめに7コース挙げたのに、なぜこのモデルコースを一番初めに紹介したの?

初めて沖縄に旅行に行った人が沖縄を味あうのに一番いいコースだからです。

 1.海中道路
 2.海の駅あやはし館
 3・浜比嘉島
 4.古民家食堂てぃーらぶい
 5.穴場絶景!沖縄の海塩「ぬちまーす」
    「果報バンタ」
 6.さかなと泳げる伊計島

海、絶景、沖縄料理、最高のビーチと沖縄のすべてを一日で楽しめるコースになっているのですよ。

初めて沖縄旅行にきた人を連れて行くなら僕はこのコースを一番初めに連れて行きますよ。

7コースをシリーズ化で紹介しますので、ブックマークしていただけると続けて楽しめます!

関連記事

沖縄でレンタカーを借りるならスカイレンタカー!

僕も毎回利用してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました