億を稼ぐ積み上げ力(マナブさん著)あらすじと感想

億を稼ぐ積み上げ力 書籍
スポンサーリンク

億を稼ぐ積み上げ力」(マナブさん著)を読んだので、紹介します。

引きこもりでゲーマーだったマナブさんが年収1億を超えるまでのノウハウを本におこしたものです。

「億を稼ぐ積み上げ力」で伝えたいことは、「朝起きたら、何があっても、絶対に〇〇をする」ということです。

要は、とにかく行動しなさいということです。

その行動を毎日繰り返し、習慣化するということです。

ブログ業界で有名なマナブさん(@manabubannai)書いたというところに興味を持ったので購入しました。

マナブさん(@manabubannai)をご存知の方であれば、ブログを読んだり、YouTubeをみたことがあると思います。

ブログ、YouTubeで語っていることとほぼ同じことが書いてあるので、とくに目新しいことはないです。

YouTube(マナブチャンネル)の総集編という感じの本になっています。

やさしく、かみ砕いて書いてあるので、とても読みやすいです。

「億を稼ぐ積み上げ力」は、大学生、20代社会人におすすめします。

スポンサーリンク

マナブさんのご紹介

先に著者であるマナブさんのご了解をしますね。

マナブさんはブログを中心にYouTubeなどメディアを通して個人で活動しているフリーランスです。

ブログ:manablog
Twitter:マナブ@バンコク@manabubannai(29.6万 フォロワー)
YouTube:マナブ (チャンネル登録者数 47.1万人)

大学在学中にフィリピンへ語学留学、語学留学を紹介する企業立ち上げ。

大学卒業後は、フィリピンにてエンジニアとして就職、11ヶ月で退職。

プログラミングを学びつつブログスタート。

ブログを1000日毎日更新、現在ブログ収入で年間5,000円以上。

ブログ、YouTube、プログラミングなどで現在2億を稼ぐ人として、若者に対してビジネスを立ち上げつための啓蒙活動をしている方です。

おすすめは、マナブさんのYouTubeです。

優しい口調で、ビジネスを通したブログを立ち上げ方、運営の仕方などを解説しています。

「億を稼ぐ積み上げ力」を購入前にYouTubeを観ることをお勧めします。
月収800万円ブロガーの「1日ルーティン」を公開します【怪しい】

「億を稼ぐ積み上げ力」感想

はじめに、「楽して稼ぎたい人は、この本を読まないでください。」とただし書きがあります。

フリーランスでブログ、Twitter、YouTubeの活動で楽して稼げるのかな?と思われがちですが、そんなことはない!ということです。

マナブさんは、YouTubeも「億を稼ぐ積み上げ力」の本にしても、優しすぎます。

万人向けに本を書けば、優しくなるのでしょうが、想像を絶するほど辛い仕事だと思われます。

わたしも20代は海外で仕事をしていました。海外出張なのでバックには自分の会社がついています。

それでも、一人で何ヶ月も海外で仕事するのことは、尋常でないくらい大変です。

悔しかったり、寂しかったり、理不尽だったりとホントに夜な夜な涙で枕濡らしていました。

マナブさんは、そういうことを平然と語るので、もしかかして簡単に稼げるの?って勘違いしてしまいます。

そういうことが、「楽して稼ぎたい人は、この本を読まないでください。」この一行にはこめられています。

なので、この本に共感できる??のかということです。

共感できる人は、苦しみを乗り越えて大成功した人か、世間知らずな人だと思います。

普通のサラリーマンには、この域に達する人は、いないので共感できるはずがありません。

逆に、一般ビジネス書は、どんだけうわべの話をしているんだよって思いますね。

「億を稼ぐ積み上げ力」は、マナブさんの体験をもとに書いているので、うわべだけのビジネス書に比べると踏み込んで書かれていますね。

とにかく行動してみて、自分の力量を測ってみてください。

マナブさんのようなことが、出来るのか出来ないのか、なぜ自分には出来ないのか?

マナブさんの真似をできれば、次のステップで出来るか出来ないか。

「億を稼ぐ積み上げ力」は、マナブさんの成功例です。

あなたの成功への道ではありません。

「億を稼ぐ積み上げ力」とおりに行動する必要はなく、自分の目の前にあるクリアしない課題(自分がやりたいこと)から逃げないで、行動することから始めてみましょう。

共感できないとか、マナブさんのようにはなれない、とかいいつつも「億を稼ぐ積み上げ力」には、行動するためのノウハウがつまっています。

行動するためのノウハウにしたがって、自分にあったかたちで一歩を踏み出してみましょう。

「億を稼ぐ積み上げ力」の方法

「億を稼ぐ積み上げ力」でしめされている行動するノウハウを簡単に紹介します。

  1. 圧倒的に継続するための極意
  2. 成長を一気にブーストする秘訣
  3. 成功までの最短ルート
  4. 生き残るためのマインドセット
  5. 時代の波に先乗りする

これらを意識、行動することで稼げる人間になれるということです。

ダイエットと同じで、三日坊主では稼げないですからね。

ネタバレにならない程度で書くノウハウを紹介します。

圧倒的に継続するための極意

ここがシンプルにして最大なテーマの気がしますが、あなたは継続苦手ですよね?

三日坊主って言葉あるくらいなので、継続が得意ない人はいないんですよ。

しかし、毎日歯を磨きますか?毎日歯は磨きますよね。

歯磨きは、習慣なんですよ。

継続というのは、習慣化すれば続けられるということです。

マナブさんは、初めの90日が辛いと言っています。

90日を越えれば習慣化できる、90日がんばって続けよう!

工事現場で安全について、教育を受けます。

教育を受けただけでは、安全な作業はできません。

面倒でも指差し確認や安全帯のロックを確認する。

これを習慣化させるのだ!という教育でいわれます。

かならず、行動しなければならないことは習慣化すれば継続できるということです。

成長を一気にブーストする秘訣

一気にブーストする秘訣と言っていますが、最初の動き出しが一番辛いです。

小さな挑戦から初めて、小さくはじめて月5万円の生産をめざす。

月5万円の意味は、やりがいですね。稼げるとわかればやりがいがありモチベーションも上がります。

人が変わって成長するには、立ち直れないような失敗をすることか、人に認められることのどちらかといわれています。

月5万円の生産ができれば、人に認められていると実感し、大きく成長できる時です。

動き始めたら一気に作業をする!

負荷を上げて、集中して作業をする。

集中して作業することによって、一気に成長がブーストします。

成功までの最短ルート

生産性を上げる方法は、優先順位を決めて、シングルタスクで作業をする。

マナブさんの場合は、朝起きたらスマホ等全ての情報を遮断して、ブログを書くそうです。

ブログが書き終わるまでは、ブログに集中する。

最近のテレワークで、あなたも感じませんか?

テレワークの方が作業が進むと思いませんか?

会社では、同僚との会話、意味のない会議が多すぎて、自分の作業に集中できないのですよ。

テレワークであれば自分の時間に集中できるので生産性が上がっています。

生産性を上げる方法は、優先順位を決めて、シングルタスクで作業をする。

生き残るためのマインドセット

一貫性を捨てよう!

コツコツ努力するのではなく、違うと思ったらすぐに捨てる。

毎日ブログ更新をしているマナブさんとはちょっと違う?

と思いますが、もうちょっと掘り下げてみましょう。

Right time right place.

「適切なタイミングで適切な場所で」

ということです。

ちょっと違うかもしれないですが、わたしは「選択と集中」かなと感じました。

小さな挑戦をはじめて、これは違うな?と思うことは捨てて、自分に合うものを探していく。

自分に合う環境、合うものであれば、自動的に継続できる。

辛いことを続けるのは、難しいです。

楽しいことなら続けられます。

いろいろな挑戦の中から自分がこれは楽しいというもは自然に残ってきます。

それをコツコツ続けるということですね。

簡単にいっていますが、こういうのも相当数失敗を繰り返さないとこんな言葉は出てきません。

数十回、数百回失敗して自分の道を探していく必要があると実感します。

時代の波に先乗りする

時代の波に先乗りするって難しくないですか?

  • 勉強する
  • YouTubeなどでインフルエンサーの動向をチェックする

自分のスキルアップと情報収集することで時代の波に先乗りできると書かれています。

インターネットが復旧している現在、インターネットで勉強も情報収集も可能。

情報の格差ですね。

新型コロナウィルスの報道を見ていると、情報格差を感じますね。

マスクをして3密を回避している人、マスクもしないし密も回避されていないなど、対応はまちまちです。

これは、情報を持っているか、持っていないかの違いになると思います。

TVでは、東京の感染者数は、毎日報道されますが、それ以外の地域の感染者数はほとんど報道されません。

これによって、東京の人=感染者って間違った認識をしていると思います。

情報を収集して、それを取捨選択できることができないと無駄な努力が続きます。

「億を稼ぐ積み上げ力」と似ている本があることに気がついた

夢をかなえるゾウ」という本があります。

この内容に似ているなぁって、私は感じました。

「夢をかなえるゾウ」も行動を促しているビジネス書です。

インドの象をもした神様「ガネーシャ」が、説いていく本です。

「夢をかなえるゾウ」のはじめの行動は、「トイレ掃除」です。

些細な行動から始めようということですね。

「夢をかなえるゾウ」は、面白おかしく書かれているので読みやすいです。

「億を稼ぐ積み上げ力」と一緒に読めば、行動することの大切さがより一層理解できますよ。

まとめ

話が散らかってしまったのでまとめます。

全体として、「億を稼ぐ積み上げ力」に共感できるかというと、私も共感はできない方の人間です。

しかし、マナブさんに近づくため、稼ぐための方法は、マナブさんの体験を通して、しっかり書かれています。

出来るか出来ないかは別にして、稼ぐための方法を行うことは大切です。

とくに、大学生、20代の若者は、とにかくこの本に書いてあることに挑戦してみましょう。

  1. 圧倒的に継続するための極意
  2. 成長を一気にブーストする秘訣
  3. 成功までの最短ルート
  4. 生き残るためのマインドセット
  5. 時代の波に先乗りする

なにかを達成するのに「楽して稼ぐ」ことはできません!

いろいろな挑戦をして、自分に合った稼ぎ方を見つけられた人だけが、のちに楽して稼いでいるように見えるだけです。

「朝起きたら、何があっても、絶対に〇〇をする」

これを見つけられた人が勝ちです!

そのためには、たくさん行動する必要があります。

次の記事>>「ドリルを売るには穴を売れ」マーケティングの入門書!ブロガーにもおすすめの考え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました