海外旅行の持ち物で絶対必須!コンセント変換プラグを245の国と地域別に完全網羅

海外旅行の持ち物で絶対必須!コンセント変換プラグを245の国と地域別に完全網羅 持ち物
スポンサーリンク

海外旅行の持ち物でコンセント変換プラグは、重要なので、変換プラグの種類を一覧にしました。

海外では国別にコンセントプラグの形が違うので、変換プラグを使用しないと日本の電化製品を使うことができません。

スマホの充電やドライヤー、パソコンを海外で使用するときは、コンセント変換プラグが必要です。

海外旅行で絶対必須の持ち物です。忘れずに持って行ってくださいね。

245の国と地域別に変換プラグを一覧にしました。あなたの出かける国は必ずありますよ。

スポンサーリンク

国/地域別コンセント変換プラグ一覧

国/地域別コンセント変換プラグ一覧

コンセントの形は、国や地域別に違うので、各国のコンセントの形を一覧にします。

あなたが、出かける国を調べて、その形のコンセント変換プラグを購入してください。

日章工業株式会社のデータを参照しています。

ヨーロッパ

国/地域名 電源電圧(V) 周波数(Hz) プラグ形状
アイスランド 220 50 C・SE
アイルランド 230 50 C・SE・BF
アルバニア 230 50 C・SE
アゼルバイジャン 220 50 C・SE
アルメニア 220 50 C・SE
アンドラ公国 230 50 C・SE
イギリス 240 50 BF
イタリア 220 50 C
ウクライナ 220 50 C・SE
ウズベキスタン 220 50 C・SE
エストニア 220 50 C
オーストリア 220 50 C・SE
オランダ 230 50 C・SE・B
カザフスタン 220 50 C・SE
北アイルランド 240 50 BF・C
キプロス 240 50 BF・B・B3
ギリシャ 220 50 C・SE
キルギス 220 50 C・SE
ジョージア 220 50 C・SE
クロアチア 230 50 C・SE
グリーンランド 230 50 C
サンマリノ 220 50 B・BF・C
ジブダルタル 230 50 BF・B・B3
スイス 230 50 C・SE
スウェーデン 220 50 C・SE・B
スペイン 230 50 C・SE
スロベニア 220 50 C
スロバキア 230 50 C・SE・B
セルビア 230 50 C・SE
タジキスタン 220 50 C・SE・BF
チェコ 230 50 C・SE
デンマーク 220 50 C・B
ドイツ 230 50 C・SE
トルクメニスタン 220 50 C・SE
ノルウェー 230 50 C・B
ハンガリー 220 50 C・SE
フィンランド 230 50 C・SE
フランス 220 50 C・SE
ブルガリア 220 50 C・SE
ベラルーシ 220 50 C・SE
ベルギー 220 50 C・SE
ポーランド 220 50 C
ボスニア/ヘルツェゴビナ 230 50 C・SE
ポルトガル 220 50 B3・C・SE
マケドニア共和国 230 50 C・SE
マルタ 240 50 BF・B3
モナコ 230 50 C・SE
モルドバ 230 50 C・SE
モンテネグロ 230 50 C・SE
ラトビア 220 50 C・SE
リトアニア 220 50 C・SE
リヒテンシュタイン 220 50 C
ルーマニア 230 50 C・SE
ルクセンブルグ 220 50 C・SE
ロシア 220 50 C・SE

アジア

国/地域名 電源電圧(V) 周波数(Hz) プラグ形状
アフガニスタン 220 50 C・SE
インド 220 50 C・B3・B
インドネシア 220 50 C
韓国 220 60 C・SE
カンボジア 220 50 A・C
キルギス 220 50 C・SE
北朝鮮 220 60 A・C・SE
シンガポール 230 50 BF
スリランカ 230 50 B3・BF・B
セブ島(フィリピン) 220 60 A・C・O
台湾 110 60 A
タイ 220 50 A・C・BF
中国 220 50 A・B・B3・BF・C・O・SE
日本 100 50/60 A
ネパール 220 50 C・B
パキスタン/イスラム 230 50 B・C
バリ島 220 50 C
バングラデシュ 220 50 A・B・B3・BF
東ティモール 220 50 C・SE
フィリピン 220 60 A・B3・C・O
プーケット(タイ) 220 50 A・C・BF
ブータン 230 50 C
ベトナム 220 50 A・C
ボリビア 220 50 A・C
ホンジュラス 110 50 A
香港(中国) 220 50 BF・B3・B・C
マレーシア 220 50 BF・B3
ミャンマー 230 50 B・B3
モルディブ 230 50 B・C・O・BF
モンゴル 220 50 B・C・B3
ラオス 220 50 C・A

北米

国/地域名 電源電圧(V) 周波数(Hz) プラグ形状
アメリカ合衆国 120 60 A
カナダ 110 60 A

オセアニア

コンセント変換プラグ
国/地域名 電源電圧(V) 周波数(Hz) プラグ形状
オーストラリア 240 50 O
キリバス 240 50 BF・O
グァム 120 60 A
サイパン 120 60 A
サモア 240 50 O・B3・B・C
ソロモン諸島 230 50 O・BF
タヒチ 220 60 C
ツバル 240 50 O
テニアン 120 60 A
トンガ 240 50 O
ナウル 240 50 O
ニューカレドニア 220 50 C・SE
ニュージーランド 230 50 O
ハワイ 120 60 A
バヌアツ 240 50 O・C・B3
バリ島(インドネシア) 220 50 C・SE
バングラディシュ 230 50 C・B・B3
パプアニューギニア 240 50 O
パラオ 120 60 A
ブルネイ 230 50 BF
フィジー諸島 240 50 O
ミクロネシア連邦 110 60 A

中南米

国/地域名 電源電圧(V) 周波数(Hz) プラグ形状
アルゼンチン 220 50 O・C・BF・SE
アンティグア・バーブーダ 230 50 BF・C・SE
ウルグアイ 220 50 C・B3・BF
エクアドル 110 60 A
エルサルバドル 110 60 A・B3・BF
ガイアナ 220 50/60 C・B
ギアナ 220 50 BF・C
キューバ 110 60 A
グァテマラ 110 50 A
ケイマン諸島 120 60 A
コスタリカ 120 60 A
コロンビア 120 60 A
ジャマイカ 110 50 A
スリナム 127 60 C・SE
セントキップ島/ネイビス島 230 60 C・B3
セントビンセント/グレナディーン 230 50 BF・B3
セントルシア 240 50 BF
チリ 220 50 C・O
ドミニカ共和国 110 60 A
ドミニカ国 230 50 BF
トリニダード・トバゴ 220 60 A
ニカラグア 120 60 A
バージン諸島 120 60 A
ハイチ 110 60 A
パナマ 110 60 A
バハマ 120 60 A
バミューダ 120 60 A
パラグアイ 220 50 A・C・SE
バルバドス 110 50 A
プエルトリコ 120 60 A
フォークランド諸島 230 50 C・SE・BF
ブラジル(サンパウロ) 110 60 A・C
ブラジル(リオデジャネイロ) 110 60 A・C
ブラジル(ベロオリゾンテ) 110 60 A・C
ブラジル(カンポグランデ) 110 60 A・C
ブラジル(クリチバ) 110 60 A・C
ブラジル(イグアス) 110 60 A・C
ブラジル(ポルトアレグレ) 110 60 A・C
ブラジル(マナウス) 110 60 A・C
ブラジル(ベレン) 110 60 A・C
ブラジル(サルヴァドール) 127 60 A・C
ブラジル(ブラジリア) 220 60 A・C
ブラジル(レシフェ) 220 60 A・C
ブラジル(マセイオ) 220 60 A・C
ブラジル(ナタール) 220 60 A・C
ブラジル(フォルタレーゼ) 220 60 A・C
ブラジル(サンルイス) 220 60 A・C
ブラジル(フロリアノポリス) 220 60 A・C
ベネズエラ/ポリパル 120 60 A
ペルー 220 60 A・C・SE
メキシコ 120 50 A・C・SE

中近東

国/地域名 電源電圧(V) 周波数(Hz) プラグ形状
アラプ首長国連邦 230 50 BF・B3
イエメン 220 50 B3・BF・C
イスラエル 230 50 O・C
イラク 230 50 BF・B3・C
イラン 230 50 C
オマ-ン 230 50 BF・B3
カタール 240 50 BF
キプロス 240 50 BF・B3
クエート 240 60 BF・B・C
サウジアラビア 220 60 A・C・BF
シリア 220 50 C・B
トルコ 220 50 C・SE・B・B3
バーレーン 230 50 A・B3
ヨルダン 220 50 B・C・BF
レバノン 220 50 C

アフリカ

国/地域名 電源電圧(V) 周波数(Hz) プラグ形状
アルジェリア 230 50 C・SE
ウガンダ 240 50 BF・C
エジプト 220 50 C・SE
エチオピア 220 50 C・BF
ガーナ 230 50 C・BF
カナリア諸島 220 50 C
カメルーン 220 50 C・SE
ガンピア 230 50 BF
ギニア 220 50 C・SE
ケニア 240 50 C・B・B3・BF
コートジボワール 230 50 C・SE
コンゴ民主共和国 220 50 C・SE
ザンビア 230 50 B3・C・BF
ジブチ 220 50 C・SE
ジンバブエ 230 50 BF
スーダン/南スーダン 230 50 C・B3
セネガル 220 50 C・B3・SE
ソマリア 230 50 C・B3・BF・A・SE
タンザニア 230 50 C・B3・BF
チュニジア 230 50 O・C・SE
チャド 220 50 C・SE・B3
トーゴ 220 50 C
ナイジェリア 230 50 B3・BF
ナミビア 220 50 B3L・C
ニジェール 220 50 A・C・SE・B3
ベナン 220 50 B3・B・C・SE
ボツワナ 230 50 B3L・C・BF
マダガスカル 220 50 C・A
マラウイ共和国 230 50 BF
マリ 220 50 C・SE
モーリシャス 230 50 C・BF
モザンビーク 220 50 C・SE
モロッコ 220 50 C・SE
リビア 230 50 B・C・B3
ルワンダ 220 50 C・SE
赤道ギニア 220 50 C・SE
中央アフリカ 220 50 C・SE
南アフリカ 230 50 B3L

コンセント変換プラグの種類

コンセント変換プラグの種類

コンセント変換プラグは、7種類あります。南アフリカの特殊形状、B3L型プラグを入れると8種類になりますね。

あなたが出かける国によって使い分ける必要があります。

上のリストで、あなたが出かける国の変換プラグの形がわかったら、下の写真でどんな形をしているのか、確認してみてくださいね。

A型プラグ

A型プラグは、日本のものと形は同じですので、特に変換プラグを使用しなくても、日本の電化製品が使えます。

北米、グアムハワイ台湾、中南米が、A型プラグですね。

B型プラグ

B型プラグを使用する国は、少ないですね。中国、ミャンマー、パキスタンなどです。

B型プラグは、ピンが少し太くて、丸い形をしています。

C型プラグ

C型プラグは、個人的にはよく使います。

C型プラグもピンは丸い形をしていますが、B型プラグよりもの少し細いです。

C型プラグとB型プラグは似ているので間違えないようにしてくださいね。

韓国、イタリア、スペインなどヨーロッパ諸国、インド、中国、アフリカなど多くの地域で、C型コンセントが普及しています。

1つ持っていると、便利な変換プラグですよ。

O型プラグ

O型プラグは、逆ハの字になっているような形です。

オーストラリアがO型プラグですね。O型コンセントを採用している国は、少ないですね。

SE型プラグ

SE型は、B型プラグとピンの太さは同じですが、ピンの間隔がB型プラグよりも広いです。

コンセントの形が、SE型しかない国は、無いようです。

C型プラグなどで代用できそうですね。

BF型プラグ

BF型プラグはピンが、3本あるのが特徴です。そして、大きいです。

真ん中のピンがアースになっていて、真ん中のピンが入ることにより、両脇のピンの挿入口が開きます。

真ん中のピンは、金属製でなくてもプラスチック製のものでもかまいません。

シンガポール香港、アラブ首長国連邦(UAE)などが、BF型プラグが必要になりますね。

B3型プラグ

B3型プラグは、BF型プラグと同じ3本ですが、ピンの形が、丸いものになります。

アフリカ、中南米で採用してされてます。

B3型コンセントのみを使用している国はなさそうなので、B型プラグ、C型プラグ、BF型プラグで代用はできそうですね。

B3L型プラグ

B3L型プラグは、特殊ですね。

南アフリカが、B3L型コンセントですので、B3L型プラグが必要ですね。

店頭では、B3L型プラグは、ほとんど置いてないので、Amazonなどで買うしかなさそうですね。

海外変換プラグ 海外コンセント 2USBポート全世界対応

変換プラグっていろいろな形があって、出かける国ごとに違う変換プラグを買うって面倒ですよね。

マルチ変換プラグがありますよ。全世界対応です。

しかも、USBポート付き!あなたにおすすめです。

カシムラ 海外用変換プラグ サスケ

もう一つ紹介しておきますね。こちらはUSBポートはついていないですが、コンパクトなマルチ変換プラグです。

全世界対応なので、一つあると便利ですよ。少しでも荷物を小さくしたい人には、おすすめです。

海外と日本との電圧との違い

日本の一般家庭電圧は、100V(ボルト)です。

海外では、220 – 240Vのところが多いです。

220 – 240Vの国で、日本で購入した電化製品を使うと、電化製品は壊れてしまいます。

日本を出発する前に確認した方が、いいです。変圧器が必要な場合は、日本で購入することをおすすめします。

電気関係なので、Made in Japanのほうが信頼性は高いですものね。

・電化製品が240V対応か?
・100Vのみ対応電化製品では変圧器が必要

電化製品が240V対応か?

海外と日本との電圧との違い

電化製品が240V対応かをしらべる方法は、あなたが使っている電化製品のコンセントプラグを見てください。

上の写真はみにくいですが、写真の赤線のところに「入力:100~240V 50Hz/60Hz」って書いてあるところがあります。

「入力:100~240V」と書いてあれば、240Vに対応していますので、海外でも、コンセント変換プラグだけを使えば、電化製品も使えます。

最近の電化製品は、ほとんどが240V対応です。変圧器の心配は、必要ないかもしれないですが、あなたが海外に持っていく家電製品が240V対応かは調べておいてくださいね。

240V対応だったとしても、変圧器は必要ありませんが、コンセント変換プラグは必要ですので、忘れないでね。

「入力:100V」と書いてある場合は、240Vの国では使えないので、変圧器が必要になります。

100Vのみ対応電化製品では変圧器が必要

240Vまで対応していない電化製品を海外で使う場合は、変圧器というものが必要になります。

変圧器を使うと、240Vから100Vに電圧を変えてくれます。これを使うことによって、100V専用の電化製品も海外で使うことができます。

outlet

海外の電気は、日本のように安定してなくて、電圧や電流が変動することがあります。

そういう不安定な電気を使うと、精密機器の場合、まれに壊れてしまうことがあります。

上の変圧器は、240Vが不安定になれば、出力される100Vも不安定になります。

気になる人は、下の変圧器を使うことをおすすめします。

この変圧器は、電気制御によって不安定な240Vを安定な100Vとして出力してくれます。

つねに安定した100Vが使えるので、電化製品に負担がかかりません。

ドライヤーやアイロンのような熱器具には使用できないので、熱器具を使用する場合は、日章工業 変圧器 海外 旅行用 熱器具用を使ってくださいね。

最後に

変換プラグとテーブルタップ

最後に、コンセント変換プラグの便利な使い方を紹介します。

テーブルタップの先にコンセント変換プラグをつけるのです、1つの変換プラグで複数の日本のコンセントを作ることができますよ。

ボクも海外旅行の時は、この方法を使っていますよ。

コンセント変換プラグの紹介はいかがだったでしょうか?

電気関係の話なので、すこし難しかったかもしれません。

しかし、コンセント変換プラグを持っていくのを忘れると、あなたは旅先でスマホの充電すらできなくなります

必ず確認して、必要なコンセント変換プラグを忘れずに持って行ってくださいね。

面倒だったら、マルチ変換プラグを買えばよいのです。マルチ変換プラグなら悩むことなく、全世界どこでも使えますよ。

気をつけて、いってらっしゃいませ!

コンセント変換プラグの他に海外旅行に持っていく便利な持ち物は、こちらでまとめています。

あわせて読めば、忘れ物はないですよ!

コメント