【東京除外なの!?】早い者勝ち!Go Toトラベルキャンペーン約1.7兆円はばらまきはいつから?

早い者勝ち!Go Toトラベルキャンペーン約1.7兆円ばらまきはいつから始まるの? 国内情報
スポンサーリンク

アフターコロナでGo Toトラベル キャンペーンがいよいよ7/22から稼働されます。

7/22からは一部先行して開始になります。一部というのがクセモノなので調べてみました。

Go Toキャンペーン全体についても調べてみたので紹介します。

第二波、第三波が発生するといわれていますし、アフターコロナ事業の判断ができない状況がしばらく続くと思われます。

慎重な行動が必要になります。

スポンサーリンク

東京除外に関する注意点

7/22からGo Toトラベルキャンペーンが始まっています。

問題となっているのが、東京除外。

首都圏発で旅行に行く人は、旅行先から見れば、東京から来たのでは?と疑いの眼差し。

あなたが、東京人ではないという証明をする必要があります。

7/22一部先行で始まったGo Toトラベルキャンペーンでの注意点

  • 身分証明書を持参(住所が東京ではない証明)
  • ホテルなどで宿泊証明書の受領
  • 旅行代理店経由での予約

いきなり始まったので、ルール整備も行き届いてないので、自己防衛策で、この3つは、実行しましょう。

旅行後にGo Toトラベルキャンペーンのトラブルがあっても証明するものがあるので、必ず割引が適用されますよ。

旅行代理店については、Go Toトラベルキャンペーンの特設ページが各社作られています。

Go Toトラベルキャンペーンの特設ページに直接行けるように、下にリンクを貼っておくので、活用してください。

密な窓口へ行くよりもネットで予約した方が、安全で早いですよ。

東京除外にたいして、東京都民限定を対象に日本旅行から宿泊割引クーポンも発行されています。

東京都民の人は、こちらを利用すると格安で旅行に行けますよ。

Go Toキャンペーン7/22一部先行開始

Go Toキャンペーン7/22一部先行開始については、かなり複雑です。

単純に旅行代金の半額(50%)、もしくは最大20,000円、が還元されるわけではありません。

なるべく簡単に書いていこうと思います。あんまり自信はないですが・・・

まず、Go Toトラベルキャンペーンとは、
・国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。
・支援額のうち、①7割は旅行代金の割引に、②3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。
・1人1泊あたり2万円が上限。日帰り旅行については、1万円が上限。
・連泊制限や利用回数の制限なし。

となっています。7/22からこの一部が先行して開始されます。

一部先行開始とは

7/22に先行開始される部分は、” ①7割は旅行代金の割引 ” になります。

” ②3割は旅行先で使える地域共通クーポン “は、7/22からの開始では、適用外になりますよ。

“7割は旅行代金の割引” って、半額の50%よりたくさん割引きしてくれるの?

もちろん違います!

支援額のうちの7割は旅行代金の割引といってます。

例えば、1泊20,000円だった場合は、支援額は半額の10,000円になります。そして、10,000円の7割が割引きなので、7,000円の割引になります。

結果、13,000円の負担になりますね。実質、割引は、50%ではなく35%になります。

7/22から開始される先行分は、35%割引(代金の1/2相当額×7割)ということです。

一部先行開始のQ&A

国土交通省観光庁からGo Toキャンペーンに関するQ&Aが発行されています。

その中から抜粋で紹介します。

Q1. 支援額の計算の基礎となる「旅行代金」は税込み価格か、税抜き価格か。

税込み価格

Q2. 7月20日(月)から7月24日(金)まで旅行に行く予定だが、支援を受けられるのか。

対象外。7/22以降に開始する旅行が支援の対象。(パッケージツアー旅行商品は、7/22以前と以後に相当する旅行代金を 区別して確定できないため、全体として支援の対象外)

Q3. いつの旅行から、地域共通クーポンが発行されるのか。

9月以降を予定しているそうです。

Q4. Go To トラベル事業の開始前に、7/22以降に開始する旅行を予約していたが、支援の対象となるのか。

支援対象となります。

今、7/22以降の旅行を予約されている人は、旅行代理店にすぐに確認しましょう。

Q5. キャンプ場のテント区画、コテージ、バンガロー、グランピングなどは、旅行・宿泊代金の割引支援の対象となるのか。

旅館業法の許可を受けた施設については、適正な執行管理のための体制が確保されていることを条件に、支援対象となる。

キャンプでも条件によっては、支援対象になります。キャンプ場に確認しましょう。

Q6. レンタカー代は、旅行・宿泊代金の割引支援の対象となるのか。

・レンタカー代のみでは支援対象とはならない。
「宿泊+レンタカー」のセットプランであれば、支援の対象となる。

予約の方法で、適用範囲が変わってきます。うまく活用した方がいいですよ。

Q7. 旅行会社を介さずに、旅行者が直接宿泊先予約を行った場合

支援対象になります。

この場合、注意が必要です。宿泊先(旅館、ホテル)は割引対象になりますが、交通費が割引対象外になる可能性があります。

一番確実なのは、交通(飛行機、列車等)+宿泊先(旅館、ホテル等)のツアーを利用した方がいいです。

全部で44の質問がありますが、抜粋して記載してます。

国土交通省観光庁のGo Toキャンペーンに関するQ&Aを参照してください。

Go Toキャンペーンとは

国土交通省関係補正予算の概要を参考にあなたに紹介します。

Go Toキャンペーンとは、「国内に向けた観光需要喚起策」にあたります。

・国内に向けた観光需要喚起策
 感染の収束を見極めつつ、かつてない規模の旅行商品の割引による観光需要喚起を
 行い、観光地全体の消費を促進。
 ・甚大な被害を受けている観光業について、飲食業、イベント・エンターテイメン
ト業などを支援する取組に併せて、官民一体型の需要喚起キャンペーンを実施
 ・宿泊・日帰り旅行商品の割引や、観光地周辺の土産物店・飲食店・観光施設・交
通機関等で幅広く使用できるクーポンの発行に対して支援を行い、地場の消費を
喚起

国費 1兆6,794億円  国土交通省

Go Toキャンペーン事業の予算として約1.7兆円が計上されていますが、これがすべて旅行者に振り分けられるわけではありません。

Go Toキャンペーン事業

  1. Go To Travel(トラベル)キャンペーン
  2. Go To Eat キャンペーン
  3. Go To Event キャンペーン
  4. Go To商店街 キャンペーン

大きく4つに分かれており旅行以外にも飲食、イベント等にもクーポン券などが配布され、割引が適用されます。

4.については、商店街のためのイベントなどに使用される予算になります。

Go To Travel(トラベル)キャンペーン

Go To Travel(トラベル)キャンペーン

気になる旅行に対するGo Toキャンペーンが、Go To Travel(トラベル)キャンペーンになります。

旅行業者等経由で、期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、
代金の1/2相当分のクーポン等(宿泊割引・クーポン等に加え、
地域産品・飲食・施設などの利用クーポン等を含む)を付与(最大
一人あたり2万円分/泊)。

旅行業者経由で、購入した旅行商品に対して代金1/2相当分のクーポン券とを付与となっていますね。ただし、最大1人あたり2万円分/泊と書いてあります。

最大で一人当たり2万円/泊のクーポン券が配布されるということですね。2泊であれば4万円、2泊家族4人であれば、最大16万円分のクーポンがもらえるということです。

Go To Travel(トラベル)キャンペーンは予算がなくなり次第終了になりますので、早い者勝ちになります。

旅行業者経由でとなっているので、JTBやHISなど旅行事業者を通してツアーに参加することによって割引が適用されます。

注意点は。国内需要の活性化なので、国内旅行にかぎられます。海外旅行には適用されませんので、国内に遊びに行ってくださいね。

各社のGo Toトラベルキャンペーンの特設ページが出そろいました。

Go Toキャンペーンは早い者勝ち!まずは、空席確認をしてみてね。

  • JTBのGo To トラベルキャンペーン
  • 日本旅行のGo To トラベルキャンペーン
  • HISのGo To トラベルキャンペーン
  • Go To Eat キャンペーン

    飲食に関するGo Toキャンペーンです。

    ・オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した
    消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を付与(最大一人あたり
    1000円分)。
    ・登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等)
    を発行。

    登録された飲食店やオンライン飲食予約サイト経由で予約、来店した場合に食事券がもらえるというものになります。

    「ぐるなび」「食べログ」などの予約サイトを経由して予約、来店した場合に適用されます。

    Go To Eat キャンペーンが開始されたら、ぷらっと飲食店に立ち寄るのではなく、予約サイトで予約してから訪れれば、食事券やポイントなどの付与されますので、お得になります。

    Go To Event キャンペーン

    イベントに対してもGo Toキャンペーンが適用されます。

    チケット会社経由で、期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを
    購入した消費者に対し、割引・クーポン等を付与(2割相当分)。

    チケット会社を経由して、イベントのチケットを購入することによりクーポン券などがもらえます。

    チケットぴあ経由などでの予約、購入が対象になりますね。

    Go Toキャンペーン まとめ

    Go Toキャンペーンについて「国土交通省関係補正予算の概要」から紹介しました。

    Go Toキャンペーン事業には4つあります。

    1. Go To Travel(トラベル)キャンペーン
    2. Go To Eat キャンペーン
    3. Go To Event キャンペーン
    4. Go To商店街 キャンペーン

    1から3は、我々にクーポン券やポイントがもらえます。4については、商店街などに配布され、商店街などがイベントを開催します。

    このほかに、Go Toキャンペーンの準備や宣伝に費用がつかわれます。

    これらすべての予算が、約1.7兆円になります。

    予算ありきのキャンペーンですから、予算がなくなり次第終了となります。

    Go Toキャンペーンは、早い者勝ちになるので、早めの行動が必要になります。

    Go Toキャンペーンがいつから始まるのか、なかなか決まりませんが、これまでも復興事業は実施されています。

    新型コロナウイルスの影響で、かつてない経済打撃を追ってしまった日本としては、復興事業は必ず実施します。

    Go Toキャンペーンの動向を引き続き注視していきましょう。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました